F

商品詳細


縫製後、すぐにノーアイロン状態で撮影しています。

5月にリリースした「シフォン レイヤードブラウス」と、ほぼ同じデザインです。
違いは、袖部分。

「シフォン〜」のほうは、袖付けの肩位置にギャザーが入り、ふわっとした袖で広がりがあり、フレアスリーブになっています。

こちらのブラウスは、
肩の部分のギャザーが無く、また袖自体も、広がりを抑えたストンとしたデザインになっています。

これ以外は、ほぼ同じデザインです。

襟ぐりはややボートネックに近いラインで、
胸元の開きは控えめです。

肩幅は狭めにしてあり、袖でカバーするようなデザインで、アームホールもかなりゆったりしていますので、腕、肩まわりはとても楽です。

美しいAラインに広がる身頃は、少し長さに差を付けて二重にしたレイヤードスタイルです。

1枚では透けてしまう生地ですが、重ねることで透け感を無くし、重なる花びらのような美しさを形作っています。

今回は上側は花柄、下側は同色系の無地を使用しています。




[詳細ページに戻る]

胸元のアップ。

デコルテラインがとても綺麗です。
肩部分が、ごらんのように幅を狭くとって、袖でカバーするようになっています。


[詳細ページに戻る]

袖は、二の腕をしっかりと隠してくれる、5分袖。

袖部分は生地は1枚仕立てにしています。

シフォン生地のブラウスと比較すると、袖の形の違いがわかると思います。

こちらの方が広がりが控えめです。



[詳細ページに戻る]


身頃の生地は二枚重ねです。
下側の生地は、表の生地と色系統がよく合う無地を使用しています。

大変に薄手の生地ですので、
軽く、重さを感じません。


[詳細ページに戻る]

バックスタイルもフロント同じ、シンプルです。


[詳細ページに戻る]


生地の透け感です。

一枚だとこのくらい。
地色がベージュで、全体に花柄が入っているので、それほど気にはならないと思います。

身頃部分は二重になっていますので、アンダーが透けるような事はございませんので、ご安心ください。



[詳細ページに戻る]




着用画像です。
モデルは身長158cm、通常MーML程度を着ています。

袖山にギャザーが無いので、二の腕がすっきりして見えます。
袖丈はこのくらい。
袖部分は生地が一枚仕立てなので、かすかに透け感があり、それがまた素敵です。

裾から見える無地の生地もアクセントです。

[詳細ページに戻る]

生地のアップ。
リバティというと、タナローンというイメージがありますが、
これもリバティpt.の一つ、スラブローンです。

極細のスラブ糸を使用して織り上げた生地に、
ジャワ更紗のようなオリエンタルな花柄が一面にプリントされています。

落ち着いて大人っぽい色使いなので、花柄ですがけして子供っぽさや派手さはありません。

リバティのスラブローンは、今はあまり市場ではみかけませんネ。
これも10数年前に入手した生地で、現在は販売されていません。



[詳細ページに戻る]